ユニークな柄が特徴

cloth of the world

リバティ生地はユニークな柄が特徴

ユニークな柄が特徴 リバティ生地はイギリスロンドンのリバティ社製のプリント生地ですが、日本では一般的にレトロで懐かしい色合いの小花柄の生地を指すことが多いようです。
小花柄のスカートなどをリバティスカートなどと呼んでいることも多く見かけます。
小花柄のほかにもユニークなオリエンタルな風合いの柄などが特徴ですが、驚くことに柄のルーツは日本などのアジアにあるのです。
イギリスの万国博覧会で日本の美術品などに触れ、その色彩や繊細さなどに魅了された創業者のリバティは、140年以上も前のロンドンで日本をはじめとした東洋のファブリックなどを取扱った店をオープンさせていました。
ペイズリーやレース、草木などをモチーフにしたアジアンテイストのユニークな柄は、ハンドメイドをする人たちにもたいへん人気があります。
スカートやワンピースなどの大きな物だけでなく、余ったはぎれを加工してパイピングや、小物のアクセントなどに使うのも個性的でおすすめです。

生地だけでも集めたくなる魅力

生地だけでも集めたくなる魅力 リバティの生地の魅力は、なんといってもその柄のセンスの良さにあります。
繊細な線で描かれた花柄が多く、色使いも派手すぎず渋すぎず絶妙です。
リバティ「風」の花柄の布は他にもたくさんあるかもしれません。
でも、並べてみると、やはり存在感がひと味もふた味も違います。
イギリス老舗の百貨店が手がけ、人々に長く愛されてきた歴史があるものだけあって、洗練された柄の数々は見ているだけでも楽しくなってきます。
たとえ今すぐ何か作る予定がなくても、生地だけでも集めておきたくなってしまう人がいるのも納得です。
手元に置いて、眺めて、あんなものを作ろう、こんなふうに使おう、といろいろとアイディアを練るのもリバティファンの楽しみ方の一つなのです。
また、リバティの生地はちょっとお値段は高いのですが、そのお値段にも十分納得できるほど、肌触りの良さが抜群なのです。
その感触が味わえるのも、生地だけでも集めてしまいたくなってしまう大きな理由です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>