ユニークな柄が特徴

cloth of the world

根強いファンがいるリバティ生地

根強いファンがいるリバティ生地 秋冬になるとリバティプリントの洋服や小物などをよく見かけるようになりますね。
根強いファンがいるこの生地は、印象的な小花柄を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、リバティとは、イギリスロンドンにある老舗デパート、リバティ・ロンドンが製作する布地及びデザインの総称になります。
同社が製作するこの生地は、日本や東洋の絹織物からインスピレーションを受けたと言われており、2016年には、ユニクロとコラボレーションし、「LIBERTY LONDON for UNIQLO」が発表されました。
そして、生地の種類はとても豊富ですが、小花柄をはじめ、どれも小さなモチーフデザインが描かれているという共通点があります。
これには理由があり、なんと皺が目立たないようにと機能的な要素も考え商品化されたものなのです。
リバティ社はデザイン性だけではなく機能性にも優れた商品を提案し、日本だけではなく世界中に根強いファンがいるのです。

定番人気のあるリバティ生地

定番人気のあるリバティ生地 リバティ生地は本家本元のイギリスの百貨店制作のものから、タナローンと呼ばれる通常のコットンよりしなやかな肌触りと鮮やかな発色の生地までさまざまです。
一般的なリバティは鮮やかな色使いでプリントされた花模様が特徴です。
日本の手芸店においては緻密に敷き詰められた小花柄プリント生地を定番人気として販売しています。
ちなみに、リバティイコール小花柄の綿ローンというのがすっかり定番となっていますが、アールヌーヴォー柄、幾何学模様、ペイズリー柄などもあり、必ずしも小花柄だけというわけではありません。
ただしやはり人気のある柄は小花柄でしょう。
なお、正確にはイギリスの百貨店が出した製品以外はリバティではなく、あくまで模倣品なのですが、あまりにも人気がありすぎて一般的な名称となってきています。
こだわりがある人は本家本元の製品を使用しますが、高級品ですので定番品を欲しているだけなら好みの小花柄を選ぶのがいいでしょう。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>