リバティ生地の種類

cloth of the world

リバティ生地の種類について

リバティ生地の種類について リバティプリントは英国リバティ社のプリント生地です。日本国内ではちらちらした小花柄プリントの生地を多く見かけるので、「小花柄だけしかないの?」と誤解されることもあるのですが、じつは小花柄だけではないのです。
もちろん小花柄だけでもたくさんの種類がありますが、繊細なペーズリー柄や、モダンな印象のアールヌーボー柄、また少し印象のかわる幾何学模様やなんと、ハローキティとのコラボレーション柄まであるのです。
柄だけでもこれほど多くの種類があるうえ、素材にも種類がいくつもあります。最も代表的な素材はシルクのような手触りの、コットンであるタナローンのものですが、それ以外にも綿の入ったキルティングのものや、水や汚れに強いラミネート加工されたもの、伸縮素材のタナジャージのものなどもあります。
手作りバッグやポーチにはキルティングやラミネート加工も良いですね。衣類ならタナローンやタナジャージなどでしょうか。用途に応じた手作りを楽しめますよ。

ニット素材のリバティ生地はある?

ニット素材のリバティ生地はある? リバティといえば、誰もがまっさきに思い出すのが、コットンなのに絹のような風合いの「タナローン生地」。
とても人気があるので、ハンドメイドをされる方はよくご存知でしょう。しかし、作るものによっては、より柔らかなニット素材のものが使いたい、と思うこともありますよね。
じつはニット素材で、リバティプリントの生地があるんです。「タナジャージ」といわれているニット地のリバティ生地は、その名のとおり伸縮素材(メリアス)でできています。しなやかでよく伸びるよい肌触りが特徴です。
ジャージというと、学校の体育着を思い出す方もいるかもしれませんが、それよりもずっと薄くて、繊細な柔らかさがあります。
衣類を作ると、伸縮性があるのでゆったり着ることのできる、着心地の良いものができるでしょう。また、ワンピースのようなものだけではなく、肌着や赤ちゃんの服にも最適です。
ふっくらしたクッションを優しく包む、カバーなどを作っても良いかもしれません。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>