小花の「ベッツィ・アン」

cloth of the world

リバティらしい小花の「ベッツィ・アン」リバティ生地

小花の「ベッツィ・アン」 リバティといえば、小さなお花のプリント生地を想像するほど有名で時代に関係なく女の子に人気の柄ですね。
リバティプリントというのは、130年以上の歴史を持つイギリス(英国)の生地の総称でリバティ社製品をあらわしています。
コットンの生地に小花、幾何学模様、ペーズリーのプリントされたものが有名です。
定番柄を中心にしていますが1年に2回シーズン柄も発表されます。
リバティを切り売りしているところでは、巻いたものの耳にLIBERTYの文字を確認することができますので、機会がある場合には確かめてみてください。
「ベッツィ・アン」は、小花をちりばめたような柄が特徴的でいつの時代も女性に愛されています。
色も豊富ですから、お洋服を作ったり、色違いで小物を作ったりすると統一性もあって素敵です。
端切れがあったらエプロンや無地物のアクセントに使うと、小花柄が生きます。
最近では、ラミネート加工してあるものも人気で手帳やノート、ブックカバーとして使われることも多くなってきました。

不動の人気「グレンジェイド」

不動の人気「グレンジェイド」 手芸店で素敵な柄で手触りも抜群の生地を見つけて、いざ購入しようと値段を確認したら思いのほか高額で驚いたことがあるのならば、それはリバティだった可能性が高いです。
イギリスのブランドであるリバティは、厳選された素材を用いているのはもちろん、他の生地とは一線を画すその独特のデザインと群を抜いて素晴らしい印刷技術による発色の良さ、古い歴史によるネームバリューなどすべて合わせての値段となっており、基本的に値引きはされません。
しかし値引きなどされなくても手に入れたい人が山のようにいます。
小花柄をよく見かけますが、小花柄だけがリバティではなくペイスリー柄や星、乗り物など多種多様な柄が販売されています。
人気の柄というのも存在していて、「グレンジェイド」という柄は不動の人気を誇っています。
植物の小さな葉が生地一杯にプリントされているもので、遠目には不規則な水玉模様に見えなくもないのですが、葉の形のギザギザがアクセントになって単純ではない雰囲気を醸し出しています。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>