人気のリバティ生地を紹介

cloth of the world

人気のリバティ生地を紹介

人気のリバティ生地を紹介 世界中のファンから愛されているプリントとして有名なリバティプリントですが、独自に開発が行われたローン素材であるタナローン生地が人気です。
もともとアフリカのタナ湖の周辺で採取された綿が使用されていたので、タナローンという名称が付きました。
タナローンは綿100%で肌触りも柔らかく、軽くてドレープ性が高いことが特徴です。
また、シワにもなりにくいため、リバティプリントを使用してハンドメイドされた洋服は、干す際に手でシワをしっかり伸ばすだけでアイロンも不要になります。
ただし、ハンドメイドする時は、水通しをしてから行うと失敗しません。
また、リバティは小花柄が有名ですが、スモール・スザンナと呼ばれる大きな向日葵柄もあります。
黄色だけでなく、様々な色合いがあるので季節を問わず使えます。
また、色合いとサイズが同様の花柄が特徴のザンジー・サンビームは、遠くから見ればドットのような柄に見えます。
まるでスタンプのような雰囲気のデザインになっていて、どちらかというと大人っぽい雰囲気の柄です。
さらに、白地にバラに似た花が描かれているのがローザです。
ローザは花同士の間に余白があるため、花が舞っているようにも見えます。
可愛らしい雰囲気で清楚なので、春や夏にぴったりです。
この他にも、小花柄の中に小鹿が描かれているデザインや、犬や鳥、虎やライオンなど、アニマル柄を取り入れたデザインも人気です。
ペイズリーに小花を組み合わせたデザインや、星を取り入れたデザインなど、緻密な模様で可愛らしく仕上がっているものが多数登場しています。
リバティの幾何学模様の生地は、定番の柄とともにシーズン柄が揃っています。

リバティプリントは花柄だけじゃない

リバティプリントは花柄だけじゃない リバティプリントというと、生地全面にギュギュッとつまったレトロでかわいらしい花柄が有名ですが、実は花柄以外の模様も多数展開しています。
アールヌーボー、ペイズリー、直線美を生かした幾何学模様、曲線の柔らかさを生かした模様も展開しており、色合いや配色なども様々あります。
遊び心がつまった柄もあり、リボン柄、車柄、糸巻き柄、裁縫道具柄、メイク道具柄、鳥や犬、キリンやゾウなどサファリの動物たちをモチーフにした柄、不思議の国のアリス柄など定番なパターンから個性的なものまで様々なテイストのものがそろっているので、選ぶのに迷ってしまうほどです。
また、リバティには、定番柄の他に春夏・秋冬に出される限定デザインもあるので季節に合わせた色合いやデザインを見つけることもできるでしょう。
リバティプリントを扱うオンラインショップはたくさんあるので、お気に入りの生地を購入して自分で好きなものを作れば、世界で一つだけのオリジナルとなります。
また、バッグ類やポーチやケースなどの小物類、洋服、靴などに加工されたものも豊富なラインナップで販売されていますので、花柄のリバティがたくさん揃っていて他の柄もほしくなった時、他の人とはちょっと差をつけたい時にもぴったりのものが見つかることでしょう。

おすすめ手芸用品関連リンク

リバティプリント(タナローン他)、レザーパーツなど手芸用品・生地の通販サイト

リバティの生地を購入

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>